プロフィール
OTHERS
    処理時間 0.356337秒
POWERED BY
POWERED BY
橘町のホームページ
SCRIPT BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート

HOME

ときわっこNEWS


橘小学校のホームページ」もリニューアルいたしました。今後も橘小の行事や子供たちの近況等を発信してまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
<<前の5件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 249 | 次の5件>>

第1回全体授業研究会   2018年9月12日(水)
 今年度,本校は「次世代の教育情報化推進事業(ICTスクール)」の指定を受け,ICTを効果的に活用した指導方法の開発のために校内研究を進めています。この日,4年生の算数科で第1回目の全体授業研究会を行いました。
 「分数」の学習で,子どもたちはまず予習で自分の考えをタブレットPCに書き込んできます。それをもとに,授業で出された課題に取り組み,タブレットに考え方を残し,ノートに分かったことを記録していきました。一人ひとりの考えが電子黒板に映し出されます。そこから相違点に目をつけ,学習のめあてに迫っていきます。最後にまとめたことをマッピングに書き,本時の学習を振り返りました。さらに,学習したことを定着させるため,タブレットを使って練習問題に取り組みました。
 子どもたちはタブレットPCを使って主体的に学習に取り組むことができました。さらに学習効果を上げるためにどのようにICT機器を活用すればよいか授業研究をがんばっていきます。






| 教頭 | 18:33 | comments (0) | trackback (0) | 学校より |
平成30年度運動会結団式   2018年9月12日(水)
 今年度は9月30日に橘町民体育大会との合同運動会を行います。今週からいよいよ練習がスタートしました。朝の鼓笛練習の後,赤組・白組それぞれに分かれて結団式を行いました。団長さんを始め,5・6年生のリーダーさんが,応援団をまとめていきます。今年はどんな応援を見せてくれるか,また,それぞれの競技で子どもたちがどんな頑張りを見せてくれるかとても楽しみです。伝統の鼓笛隊も今年は新曲が入ります。町民の皆様,どうぞお楽しみに。




| 教頭 | 17:47 | comments (0) | trackback (0) | 学校より::運動会 |
第2回 青空教室   2018年9月11日(火)
 9月に入って少し涼しくなったかと思いきや,この日は午後から蒸し暑く,日差しも照り付けるまさに「青空教室」となりました。全員水筒を手にして運動場へ。今日の1つ目のお題は「ぴったりわけわけ」,3mの白線を3等分することと,砂場の砂を同じ重さになるように3つの袋に分けるという内容でした。上級生のリードのもと,手足など感覚を駆使して分けていました。長さや重さの量感を養う課題です。上手に分けられたチームは,花まる支援員さんからたくさんほめていただきました。
 2つ目は校舎内に入って「右だけ迷路」に挑戦しました。「右だけに曲がれる」というルールで目的地をめざします。毎日通っている校舎ですが,その繋がりに再発見があったようです。
 暑い中に参加していただいた支援員の皆様,ありがとうございました。






| 教頭 | 18:24 | comments (0) | trackback (0) | 学校より::花まる学習 |
平成30年度 教育講演会   2018年9月8日(土)
先日の大石先生の教育講演会,ご覧になれなかった皆さんは,下記よりご覧いただけますのでご利用ください。

講演会 大石來楽先生
演題  『大人が笑うと♪子どもは笑う♪』

https://tachibana-net.jp/haniwa/movie/2018/20180908_kouen_oishi.mp4


| 教頭 | 17:42 | comments (0) | trackback (0) | 学校より::育友会活動 |
授業参観・育友会教育講演会   2018年9月8日(土)
今日は土曜授業で授業参観を行いました。夏休み明けて2週間経ちましたが,授業の様子はいかがだったでしょうか。いつもの生活習慣が戻り,学習にも落ち着いて取り組む様子が見られます。
10時30分からは育友会主催の「教育講演会」を行いました。NPO法人「日本親育成実践協会」の大石 來楽(おおいし くら)さんを講師にお招きし,「親が笑うと 子どもは笑う♪」という演題でお話をしていただきました。
○子どもが悩んでいるときは,親は泣かずにしっかりと受け止めよう。泣きたいのは子どもです。
○「感謝しています」「お世話になっています」「すみません」「ありがとうございます」・・の言葉で問題が解決に向かう。
○「バカ親」ではなく「親ばか」になって。
○わが子のためにできることは,「笑っていること」「あいさつを自分がして手本をみせること」「批判的・否定的・悲観的」を改善すること・・
ご自分の経験から,「問題が起きたときに親としてどう向き合うか」について分かりやすく楽しくお話してくださいました。参加された皆さんが帰りはみんな笑顔になって帰られたことから,この講演の成果が分かりました。




| 教頭 | 16:28 | comments (0) | trackback (0) | 学校より::育友会活動 |
<<前の5件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 249 | 次の5件>>

このページの先頭へ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2018/09 次月>>
COMMENTS
このページの先頭へ