プロフィール
OTHERS
    処理時間 0.099939秒
POWERED BY
POWERED BY
橘町のホームページ
SCRIPT BY
ぶろぐん

HOME > 学校より > ご意見・ご要望


ご意見・ご要望
学校運営や行事等について、
および当ホームページに関して
お気付きの点やご要望等があれば
直接橘小学校へご連絡ください。

佐賀県武雄市橘町大字片白8718-1
  TEL:0954-22-2925
  FAX:0954-22-2950
| HP管理者 | 09:40 | comments (1) | trackback (0) | 学校より |
コメント
武雄市立橘小学校 御中

学校やPTAでの文化・教育・人権に関する講演会をお考えの担当者様

突然のメールで失礼いたします。

私は大阪府在住の落語家で、桂枝女太(かつらしめた)と申します。

言葉にまつわる講演のご案内です。

ますます深刻化している昨今のコロナ渦ですが、
感染者の増加や医療体制の深刻化とは別に、
コロナ感染者やその家族に対する誹謗中傷や差別的発言が問題となっています。

過度に感染症に怯えるあまりの心無き言葉の攻撃。
人々の心がささくれ立っている今こそ、言葉ひとつにホッとするときがあります。

ひとつの言葉で傷つくことがあれば、ひとつの言葉で助けられることもある。

落語家の講演ですから、笑って楽しみながら聞いていただけます。

人権や教育に関する講演会をお考えの場合、是非ご一読下さいますようお願いいたします。

少し長くなりますが、どうぞお付き合いくださいませ。

お問い合わせ・連絡先は末尾に記しております。

~差別用語の正体~
「たっぷり笑って少し考えて・言葉の重み」

故・五代目桂文枝に入門以来、40年以上舞台に立ち続け「言葉」というものの重みを痛感し、
言葉そのものを仕事としていない方々、特に子供をお持ちの方や子供たちにも
その重みを考えていただきたいというのがこの講演のコンセプトです。

部落差別、男女差別、国籍差別、職業差別、いじめ等々、
様々な差別や人権問題に共通している要素に「言葉」の使い方があります。

 「~のくせに」。
この一言の使い方に注意するだけでも相当の人権に対する侵害が和らぎます。
「差別をなくそう」「差別をやめよう」「差別する気持ちを持たないようにしよう」。
どれも当然のことですがどうすれば実行できるのか。
 
ラジオのパーソナリティをして学んだこと
長年ラジオのパーソナリティとして生放送に携わった経験から、
差別用語(放送禁止用語)についても深く考える機会がありました。
身体に障害をお持ちの方への差別用語、職業や思想信条に対する差別用語等、
生放送に関わるとかなり広範囲に気を遣わなければなりません。
昔は普通に使っていた言葉が、ここ数十年のうちになぜ嫌な言葉と感じるようになったのかの考察。

 「芸人」が差別用語?
「芸人」という言葉が差別用語(放送禁止用語)といわれたことがあります。
芸能に携わる者を見下した言い方であるということらしいのです。
ご承知のように「芸人」という言葉は差別用語ではありません。
しかしながら、若い頃「芸人のくせに」と言われて不愉快になったことがありました。

 「子供」を「子ども」と表記するのはなぜ?
役所などの公式文書から「子供」という表記が消え「子ども」となっています。
どちらでもいいと思いますが、この風潮はどこからきたのか・・・またそこに問題はないのか。

 「なくす」だけでは差別の気持ちは消えない!
「悪いことば」をただ無くしてしまえば良いのか。
落語の中にも差別用語が登場する噺がたくさんあります。
我々落語家はそういった噺をなくさないためにも、色々と工夫をしてなんとか演じております。
しかしそれだけで良いのでしょうか。「悪い言葉」を駆逐するだけで解決するものではありません。

以上が私の人権教育講演「たっぷり笑って少し考えて~言葉の重み~」の要旨です。

長くなり失礼いたしました。
しかし落語で呼んでいただくのとは違い、講演の場合ただ笑っていただければいい、
とにかく楽しんでいただければいいというものでもありません。
やはりそれなりに私の主張をご理解いただいたうえで、呼んでいただいた方がよいと思いこのように長くなりました。
どうぞご理解下さい。

講演時間 90分前後(ご希望に合わせます)

講演料(出演料) 一応10万円 (交通費や必要な場合の宿泊費別)

  ☆講演料に関してはあくまで目安です。
  
  「せっかくだから落語もしてほしい」というご要望もよくあります。
   金額は上がりますが(概ね50%UP)、お気軽にご相談下さい。

   私自身、大阪府立の高校2校でPTAの会長もしておりましたので、
   講演会等に向けられる予算に限りがあることは承知いたしております。
   本当にお気軽にご相談ください。

   コロナ感染防止のため、リモートでの講演会も可能です。
   
   蜜を避けるために、同じ会場で2回に分けての開催も可能です。
   この場合の出演料は1回分で結構です。(ただしコロナ渦が収まるまでの特例です)
  
今までの講演実績

【学校・教育関係】
大阪府  府内各小中高校PTA、大阪市PTA協議会、
大阪市私立幼稚園連合会、豊中市私立幼稚園PTA連合会
京都府  京都市立洛風中学校、華頂女子中学高校
兵庫県  武庫川女子短期大学、兵庫大学附属須磨の浦高校、
滋賀県  滋賀県教職員組合、滋賀県公立高校PTA連合会、彦根市立佐和山中学校
奈良県  帝塚山高校、関西中央高校、奈良芸術短期大学
和歌山県 県立耐久高校、県立紀央館高校、日高川町立丹生中学校

広島県  呉市市立幼稚園協会、福岡県杉森高校
岡山県  倉敷市私立幼稚園連盟、岡山県立倉敷青陵高校、岡山県立琴浦高校
 鳥取県  米子松蔭高校、県立岩美高校、鳥取市立美和小学校、
 島根県  県立出雲高校、県立松江北高校、安来市立島田小学校、安来市立広瀬小学校PTA

 香川県  県立笠田高校、
 高知県  土佐清水市立下川口小学校、土佐清水市立中ノ浜小学校、四万十市立蕨岡小学校
徳島県  県立鳴門高校、徳島市立北井上小学校

 福岡県  私立杉森高校、
 長崎県  長崎市立三重中学校、彼杵町立彼杵中学校PTA
 佐賀県  嬉野市立塩田中学校、鳥栖市立旭小学校

愛知県  光陵女子短期大学、一宮市立尾西第一中学校、刈谷市立刈谷小学校
岐阜県  多治見市立小泉中学校、中津川市立落合小学校
三重県  県立朝明高校、四日市市立富洲原中学校、松阪市立西黒部小学校

富山県  県立南砺福光高校PTA、県立高岡南高校
福井県  小浜市立小浜第二中学校、永平寺町立上志比小学校
石川県  小松市立松陽中学校、金沢地区高等学校PTA連合会

 栃木県  西方町立西方小学校
 群馬県  太田市・三宝幼稚園

 北海道  北広島市立こうよう中学校
                   他、幼稚園保護者会や小中高校や大学等
 
   
【その他団体・官公庁等】
大阪府  総務省行政評価局行政相談員人権研修会
      大阪市都市整備局、大阪市経済局
      大阪市職員人材開発センター、大阪市消防振興協会
      大阪市人権啓発相談センター、大阪神社庁
      大阪市民劇団「かけはし」劇団員対象人権研修会、大阪府土地建物取引業協会
      泉佐野市教委学校教育課「泉佐野市教育フォーラム」
      河内長野市教育委員会、岸和田市教育委員会「岸和田市学校保健会合同研修会」
      吹田市きしべ地域人権協会、忠岡町消防本部「防災講演会~防災と人権~」
      豊中市こども未来部青少年課、豊中市人権課
      豊中市選挙管理委員会、豊中市人権教育推進委員協議会
      豊中地区更生保護協会「結成40周年記念式典基調講演」、
豊中中央・豊中北ライオンズクラブ合同例会基調講演
      東大阪市社会福祉施設団体連絡会・社会福祉協議会人権研修会権講演会 
      八尾ロータリークラブ例会講演会、全国鰹節類青年連絡協議会大阪大会基調講演 
      がんこ寿司社員人権研修会
京都府  舞鶴市各公民館
      綾部市、伊根町、京丹後市、城陽市、長岡京市、宮津市等各教育委員会
兵庫県  西宮市教育委員会、西脇市高齢者大学、姫路市生きがい推進課、加東市企業人権教育協議会
滋賀県  滋賀県職員労働組合、レイク伊吹農業協同組合、長浜市教育委員会
大津市中央学区社会福祉協議会、草津市立渋川市民センター、愛荘町教育委員会、、
奈良県  葛城市人権教育推進協議会、JA奈良県、郡山農協女性部、天理市生涯学習課
和歌山県 和歌山市職員研修所、海南市婦人会、九度山町教育委員会
      
広島県  音戸町教育委員会、倉橋町教職員組合、世羅町人権センター
岡山県  井原市教育委員会、部落解放運動井原市協議会、久米町人権教育推進委員会
鳥取県  境港市人権政策課、倉吉市人権政策課、米子市同和問題企業連絡会
島根県  出雲市教育委員会、雲南市教育委員会、浜田市人権同和教育啓発センター
山口県  山陽小野田市社会福祉協議会、宇部市人権教育課、長門市社会教育課

愛媛県  愛南町人権教育協議会、瀬戸町教育委員会、
香川県  坂出市生涯学習課女性セミナー、三豊市たかせ人権福祉センター
高知県  高知県社会福祉士会、南国市人権教育協議会、宿毛市正和隣保館
徳島県  吉野川市美郷地区人権教育推進大会

福岡県  添田町人権啓発課、高田町社会教育係
熊本県  菊陽町人権啓発課、熊本市託麻公民館
長崎県  外海町教育委員会
大分県  別府市人権同和教育啓発課、緒方町中央公民館
宮崎県  山之口町総務課

愛知県  愛知県教育委員会、小牧市教育委員会、小坂井市教育委員会
静岡県  吉田町生涯学習課、雄踏町健康福祉課
岐阜県  飛騨市教育委員会、関市老人クラブ連合会、岐阜アグリフーズ㈱、JA全農岐阜県本部
三重県  鈴鹿市人権政策課、伊勢自動車整備協会、上野市社会福祉協議会

富山県  射水市行政管理課
石川県  珠洲市教育委員会、山中町教育委員会

東京都  多摩市シルバー人材センター
千葉県  佐原市教育委員会
埼玉県  熊谷市教育委員会
茨城県  鹿嶋市まちづくり市民センター、ひたちなか市教育委員会
群馬県  嬬恋村教育委員会、
長野県  真田町教育委員会、辰野町公民館

秋田県  八竜町企画開発課
    
               他、各自治体や企業研修会等

それでは最後に私のプロフィールと連絡先を書いておきます。

桂枝女太プロフィール

公益社団法人上方落語協会 理事
同協会WEB広報誌「んなあほな」編集長

1958年(昭和33年)7月15日生まれ 大阪府豊中市出身
1977年(昭和52年)1月1日 高校在学中に、故・五代目桂文枝(当時は桂小文枝)に入門
同年3月        関西大倉高校卒業
1986年(昭和61年)朝日放送の「ABC漫才落語新人コンクール」にて最優秀新人賞を受賞

なんばグランド花月(NGK)や天満天神繁昌亭、各種落語会、地域寄席、講演会等に出演
2002年(平成14年)末まで、KBS滋賀ラジオのパーゾナリティを約12年間勤める
2017年、芸能活動40周年記念独演会を天満天神繁昌亭にて2日間にわたり開催

趣味 野球(落語家の草野球チーム「モッチャリーズ」の主力?選手)
   津軽三味線
特技 バレーボール

お問い合わせの連絡先

オフィスM (桂枝女太の個人事務所です)

電話・FAX共 06-6334-8881
携帯電話    090-3612-7139
メールアドレス shimeta@tcct.zaq.ne.jp
住所 561-0824 大阪府豊中市大島町1-11-10

よろしくお願いいたします。
| 桂 枝女太 | EMAIL | URL | 21/04/12 16:07 | cQ/JF8YY |


コメントする








      
この記事のトラックバックURL
https://tachibana-net.jp/school/tb.php/1009
トラックバック

このページの先頭へ
カウンタ・検索


カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2021/07 次月>>
COMMENTS
このページの先頭へ